きよさばのブログ

きよさばのブログ

日常・料理と気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

ベース弦交換に苦戦 場数を増やすのみ

皆さんこんにちは、きよさばです。

本日の地元の天気は曇り。

湿度による熱中症等が懸念されています。

 

さて、今日はお手伝いも兼ねながら、ベースギターの弦交換をしました。

誕生日に購入したベースギターはこれで2回目なので、まだまだ慣れていません。

今後も場数を増やして、感覚を慣らして行きたい所です。

 

今回は音楽を中心にご紹介します。

それでは、始めましょう。

ベース弦交換に苦戦

ベースギター1

今日は数日早めのベース弦交換をしました。

先日の誕生日に購入した、アイバニーズのベースギターでは2回目となります。

指で数える位しかメンテナンスをした事がありませんでしたので、

これからもしっかり取り組みたい所です。

 

実際にベース弦交換自体は上手く出来ました。

問題は音合わせのチューニングでした。

 

フレットという部品に弦が当たり、ビビります(汗)

 

通常フレットのヘッド側辺りを指で押さえると、音が鳴らせます。

フレットに意図しないで当たってしまうのは、弦高が低過ぎるのか、

交換仕立てなので弦がしっかり張って来なかったのか、2通りだと思いました。

 

最終的には弦が徐々に張って来て、チューニングは出来ましたが、

なんだか腑に落ちませんでした。

 

という事で、弦高調整。

楽器屋さんが配送時に調整してくれた高さでも満足でしたが、

個人なりの高さに微調整して行く事に。

 

弦高を少し高くした事により、詰まった音から澄んだ音に変わり、

より音が鮮明に聴こえて来ましたので、良かったと思います。

次回の交換は7月下旬ですが、その際は弦高調整時の部品が左右共バランス出来たか、

片方だけアンバランスになっていないかを調整して行きます。

 

これは最初の内はよくある事で、そこから徐々に徐々に自分なりのベースギターに、

仕上げて行きます。

ネックという左手で握る細長い部分の反りはまだ無いので、様子見となります。

 

1年使うと大分変わって来ますから、ガンガン弾きますよー。

脱力弾きとは力んでも意味無い事

以前の記事で脱力感を持って弾く事を、意識したいとお伝えしました。

何を伝えたかったのかと言いますと、ベースギターもエレキギターも、

ピックや指弾きで軽く弦を揺らすだけで、ピックアップというマイクが音を捉え、

楽器として成り立たせてくれます。

 

自分もそうでしたが、初心者の内は力の加減が分からず、ついつい強めに弾きます。

音を強調的に弾くアクセントのマークがあるなら、話は別です。

しかし、何も無いならどれ位の加減で弾けば良いのか、模索してみるべきです。

 

ガチャガチャ弾くのは、余り良く無いです。

弾き方の見直しが必要です。

弦楽器なので弦が切れてしまう事は承知の上ですが、

リラックスしてリズムという最大の要素に合わせ、ミスを無くして行く事なので、

アンプという音響製品の音量・音質調整をしっかり行って、楽しみたいです。

汗ダラダラで練習しています

ベースギター2

現在使用している2本のベースギターの弦交換が無事終了し、

午後からは今月終盤の楽曲練習に励みました。

ZARDは幼少期から色々な曲を聴かせて貰っていますが、

マイフレンドと負けないでが、特に好きなんですよね。

 

マイフレンドはスラムダンクを背景にすると、仲間意識や自身を鼓舞する曲。

負けないではご存知の通り、チャリティーから諦めない気持ちにさせてくれる曲。

楽曲制作携わり、実際に歌っていたボーカルの坂井泉水さんの歌声を聴くと、

心が穏やかになります。

 

坂井泉水さんは丁度親世代で、とても綺麗な人でしたね。

家の母親は一言で言えば、

 

アジャコングです(大汗)

 

かつて喧嘩してボコボコになった少年時代を思い出すと、

いやー、おそロシア

 

話しを戻しますが、今日はZARD中心で暑い自室でタオルを装備して弾いていました。

「冷房にすれば良いじゃん」と思いますが、理由があります。

弦楽器は弦自体が金属製品なので、冷えるとチューニングが狂ってしまいます。

 

頻度を上げて音合わせをしたりしないといけませんので、面倒です。

逆に暑い季節は弦にとって安定して音を出せる、好都合な季節です。

冬場は良くありませんが、今は汗流しても体調管理をして弾き続けたい、

そんな気持ちがあるので、冷房無しにしています。

 

勿論、休憩は取りますから、熱中症等は避けられる環境です。

今日は少しミスといった疎かさがあったので、

感覚と覚えたフレーズを間違えない様、明日の練習に取り組みます。

まとめ

今回は音楽の内容を中心にご紹介しました。

 

まだ新しいベースギターのメンテナンスに慣れていませんが、

今後もどんどん愛用して行きながら、慣らして行きたいです。

特に弦交換は特徴的な所がありますので、気を付けて行きたいですね。

 

そして、暑い夏ですし梅雨による脱水症状や、熱中症でダウンしたら大変です。

こまめな水分補給と、冷却を進んで行いたいと思います。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

Xフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村