きよさばのブログ

きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

AbemaTVでクッキングパパを視聴 料理と家庭の良さをじっくり見れる

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は晴れ。

まだ気温が低いので風邪には気を付けて下さいね。

 

さて、今回はAbemaTVで午前中に放送された、

クッキングパパの事についてです。

このアニメは子供の頃観ていました。

 

愛情溢れながらもグルメに特化したアニメ。

今回はクッキングぱぱを見た感想を中心にご紹介します。

 

それでは、始めましょう。

AbemaTVでクッキングパパを視聴

クッキングパパ1

今日の10時頃にAbemaTV内にある、みんなのアニメ欄で、

クッキングパパが放送されていました。

このアニメは幼い頃の夏休みや冬休みに再放送されていました。

ですので、記憶には残っているアニメではあります。

 

クッキングパパは1992年から1995年までアニメ放送されていまして、

漫画の方は現在連載中です。

 

荒岩家の大黒柱、荒岩一味が腕を振い、

家族や会社の後輩達に料理を作ったりする所が、また懐が深い方。

これを午前と午後にAbemaTVで最近放送されていますので、自分は観ています。

 

勿論家事を済ませてからですよ(笑)

 

我が家も朝からやる事満載ですので、これを見られるのも偶然な時があったり。

良いタイミング見られると良いのですが、

時間を外して見る時も場合によってはあったりしますので、

しっかり番組表をチェックして観ないといけません。

懐の深いパパ一味が父親の見本になる

本作の主人公で荒岩家の大黒柱である、クッキングパパこと岩山一味。

自身が少年時代から覚えたレシピを活かして、家族だけでは無く、

会社の後輩や偶然出会った人にも、心広くして料理を提供する所が、

とても懐深くて見本となる父親となってくれています。

 

会話も見ていると、会社の主任としては怒ったりする所もありますが、それはそれ。

家族やトラブルが無い限りはとても冷静な判断で、皆をまとめてくれています。

こういう父親が居てくれると、とても安心しますね。

荒岩家の真心温まる感じが良い

応援1

クッキングパパは料理を見るだけが全てではありません。

荒岩家の真心温まる家庭環境を見るだけでも、とても気持ちが和やかに感じます。

子供の頃こんなに良いアニメを観ていたんだなーって改めて思いました。

 

各話の大体は長男のまことの話から始まっていたりしますが、

そこから荒岩家の良さに移行して行き、各食材の良さを生かした料理を、

父である一味が引き出してくれる。

そして、グッドエンドで話が終わる所が、大人になっても見て良い気分になりますね。

 

自分が少年時代はこんな和やかな家庭では無く、

現在同様ハチャメチャな家庭でしたので、

 

荒岩家は理想的過ぎます。

 

我が家もこの様な家庭になれば・・・欲望が強すぎる気が(汗)

それ位良い家族、荒岩家です。

今後もクッキングパパを視聴して心和んで行きたい

優しさ

今後も家事と両立してAbemaTVでクッキングパパは視聴したいですね。

基本はガンダムですが、クッキングパパの様な和やかなアニメを見るのも、

時には良いかと思います。

 

これも自分が料理を趣味にし続けた事が縁かもしれません。

今後の話はどうなるのか、楽しみで仕方がありません。

まとめ

今回はAbemaTVで放送中のアニメ、クッキングパパの感想をご紹介しました。

料理好きの自分にとっては大変見応えあるアニメですし、

一家団欒した風景を見るだけでも心和ませます。

こういったアニメが90年代に存在した事が分かると、

如何に90年代のアニメのクオリティが高いかが分かります。

今後もこの様なアニメを、家事を終えた隙間時間に観ながら、

日々楽しんで行きたいと思います。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッタフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。