きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

AbemaTVで機動戦士ガンダム逆襲のシャアを視聴!感激の1日

皆さんこんにちはきよさばです。

 

今回は先日からお伝えしていました、

AbemaTVで劇場版機動戦士ガンダム逆襲のシャアを、

しっかり視聴出来ました!

これ、本当に待ちに待っていましたよ。

 

中学生の頃からガンダムには関心がありましたので、

好きな作品を見る度に、感動を覚えます。

 

今回はこの作品を視聴した事による、あらすじと感想をご紹介します。

それでは始めましょう。

AbemaTVの番組表で確認

逆襲のシャア1

逆襲のシャアが放送されると知ったのは、先週位でした。

それまでは、アムロとシャア生誕祝いにファーストガンダムを、

一挙放送が続いていた最中でしたので、

番組表で逆襲のシャアが放送されるのを確認した時は、

そこに目が止まりましたよ。

 

久し振りにあの名作を見る事が出来る。

アムロとシャアの最後の戦いを、無料インターネットTVで見る事が出来る。

これは自分にとって、大変なビッグニュースです。

 

先日も同じ内容の事をご紹介しています。

番組表を確認してから約1週間、

1日中逆襲のシャアの事が頭から離れられませんでした。

それ程、この作品はガンダムの中でも好きなんです。

 Zガンダムを通じてシャアが見て来たものは

今回の作品は機動戦士Zガンダムで、反地球連邦組織エゥーゴに所属していた、

クワトロ・バジーナことシャア・アズナブルが、

地球連邦軍組織ティターンズとジオンの残党軍であるアクシズとの戦いの最中、

ラストの場面でアクシズハマーン戦で消息不明となり、

その後ZZガンダムの間に新生ジオン軍の復活の為に、

水面下での活動をしていたそうです。

 

それは、エゥーゴを通じてジオンの残党狩りを皮肉な形で行うティターンズに対して、

地球人の行いは宇宙のスペースコロニーで暮らすジオン等に比べて、印象が悪く、

とても、不必要な存在に過ぎなかった様です。

それが、第一次ネオジオン戦争の幕を開けたきっかけでもありました。

ロンドベル隊がシャアの構想に対抗する

シャアは地球に対して小惑星アクシズを衝突させて、

地球に多大な影響を与えようとしていました。

それを止める役目を果たそうとしてたのは、地球連邦軍ロンドベル隊。

そして、その中心人物はかつて敵同士でもあれば味方にもなった、

あのアムロ・レイです。

 

当初はロンドベル隊のモビルスーツを活かして、

シャア専用サザビーと交戦していましたが、

その後はアムロ専用のモビルスーツνガンダムが開発されました。

このモビルスーツは自身のイメージに応答して動く装備である、

ファンネルを搭載しています。

 

これにより、シャアとアムロの決戦の火蓋が切られました。

ラストは皆でアクシズを阻止

ラストの場面は結構有名ですが、

小惑星アクシズに爆弾を仕掛けて分離させ、

地球への衝突を防ぐ作戦がありましたが、

地球の引力によりその作戦は上手く行かず、

シャアが乗るコックピットをνガンダムが掴んだ状態で、

アクシズを地球に衝突する事への阻止させる行動をアムロが取ります。

 

それがこちら。

TM NETOWORKの歌と共にご覧下さい(笑)

 

ラストはロンドベル隊、ネオジオン軍共に、

アクシズを止めるという異例の行動になっています。

そして、その後にはサイコフレームによって軌道修正される奇跡が。

 

ここで、逆襲のシャアはエンディングを迎える事となります。

アムロとシャアの行方

これは自分がガンダムに興味を持った時から聞いてはいましたが、

生きていた話、亡くなった話、

その真相は定かではありません。

 

しかし、両者の戦いの行方に決着が着いたのは明白です。

これにより、1つのシリーズの終端を迎えた訳です。

それはそれで、良かったと思います。

まとめ

今回は待ちに待った劇場版機動戦士ガンダム逆襲のシャアを、

AbemaTVで視聴出来た事。

そして、そのあらすじ等をご紹介しました。

 

個人的にこの作品はZガンダムと同様に好きな作品ですので、

見る事が出来て大変嬉しく思います。

前回の劇場版Zガンダムの時は寝てしまったりしましたが、

今回はしっかり起きていましたよー(笑)

現在AbemaTVではガンダムSEEDとSEEDディスティニーが放送中です。

これも好きな作品ですので、今後も見て行こうと思っています。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッタフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。