きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

夕食はチャーハンと唐揚げセットに決定 昼寝中に変な夢に遭う

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は晴れ。

今日から9月に入りましたが、

まだ暑さは夏並みですね。

 

今日は午後に変な夢に遭ってしまい、

気分的にスッキリしない事になりました。

これは予想外の事です。

何故こんな事になったのか、未だに不思議です。

 

そして夕食は、チャーハンと唐揚げのセットに決定しました。

こちらもご紹介します。

それでは始めましょう。

昼寝中に変な夢に遭う

寝る1

これは午後の2時位の時です。

午前中に家事等のやるべき事は終えて、

ちょっと一息。

 

自分は寝てしまい易い性格ですので、

今日もウトウト少し昼寝。

そしてここからが本題です。

夢の内容の事ですが、

自分に突然圧力が掛かって来まして、

何も動けず、体は膠着状態。

その後は病院にて何故か入院している夢を見ていました。

膠着状態の時の感覚はとてもキツく、苦しく感じました。

 

この件を家族に伝えましたら、

「金縛りに遭ったのではないか」との回答。

時折テレビで金縛りをテーマにした内容を見たりしましたが、

これが事実なら、本当に過酷な苦しさを味わった事になります。

今思い出しても、恐ろしい事でしたよ。

夢の中で意識していたのは、動けない身体の状態で必死に呼吸する事だけでした。

ですので、今夜寝る際は全てを忘れる様な気持ちで、ぐっすり寝たいですね。

チャーハンと唐揚げのセットを夕食に決定

今夜の夕食は、

チャーハンと唐揚げのセットを夕食に決定しました。

チャーハンは最近食べなくなりましたので、

楽しみですね。

 

チャーハンの材料は以下の通りです。

  • ご飯・・・約茶碗4杯分。
  • ニラ・・・3分の2本。
  • 卵・・・2個。
  • ウインナー・・・約5本。
  • 塩コショウ・・・少々。
  • 醤油・・・大さじ1。 


唐揚げの材料は以下の通りです。

  • 鶏むね肉・・・約200g。
  • 醤油・・・大さじ1。
  • 塩コショウ・・・適量。
  • 小麦粉・片栗粉ミックス・・・半量ずつ。
  • 溶き卵・・・1個分。 

今回は家族が外出していましたので、多少材料が少なめとなっています。

 

チャーハンの作り方は以下となります。

  1. 材料を先に切って置き、調理の準備をしておく。
  2. 熱したフライパンに油を大さじ2入れて馴染ませ、卵を入れてから半熟の状態まで熱する。
  3. ご飯を入れて卵と絡める様に混ぜ合わせながら炒めて、パラパラな状態にして行く。
  4. 具材を全部入れて、しっかり火を通したら、塩コショウで味付けをして混ぜる。
  5. 味見をしてから、醤油を加えて炒めれば出来上がり。 


こちらが完成後となります。

優勝一覧2019/09/01

 

鶏むね肉唐揚げの作り方については、

今回の量は少量ですが、こちらをご参考にして頂ければ幸いです。

 レタスサラダも追加して、頂きましょう。

チャーハンと唐揚げセットを実食

それでは、チャーハンと唐揚げセットを実食します。

 

まずはチャーハンからです。

チャーハン2019/09/01

凄くボヤけてしまいましたが、ご了承下さい

 

味についてですが、チャーハンは薄味で仕上げますので、

塩辛くも無く、丁度良く出来上がっていました。

久し振りでしたので、少し心配はしましたよ。

 

次は唐揚げです。

唐揚げ2019/09/01

では、食べてみて中身を確認しましょう。

 

こちらが中身となります。

唐揚げ中身2019/09/01

少し、火の通りが悪かった様ですね。

もう少し時間を延ばしておけば良かったかな。

味自体は塩コショウの味付けが出来ていました。

チャーハンと唐揚げセットを実食した結果

チャーハンと唐揚げセットを実食した結果ですが、

今回は厳しい結果となりました。

チャーハンは良かったのですが、対する唐揚げについては、

まず冷凍保存して置いた鶏むね肉の解凍が出来ていなかった事。

これが、最大の失敗となった点になります。

 

もう少し時間に余裕を持たせて、解凍をしておけば、

効率良く揚げる事が出来ましたので、

次回からは気を付けて行こうと思っています。

まとめ

今回は変な夢に遭った件を中心にご紹介しましたが、

とにかく、現実的過ぎて未だに記憶に残っています。

何故、こうなってしまったのか、そこを紐解いて行こうとすると、

益々謎だらけです。

夢だから仕方ないという事もあるんですが・・・。

今後はこういった事に遭遇しない事を願って、

生活したいと思います。

 

そして、今回の料理はミスした所がありましたので、

次回への反省点として、捉えて行きます。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッターフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。