きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

家族や人からの優しさは自分自身を元気にする原動力となる

皆さんこんにちはきよさばです。

 

 先週から体調が崩れてしまってから、大分回復も出来ました。

 この回復の原動力は風邪薬だけでは無く、家族からの配慮もあったからだと改めて思います。

 これには大変感謝しています。

 自分の力だけで乗り切ろうと考えていても、それは無理ではありませんが時には控える必要があると思いますし、スムーズな回復に繋がりません。

 家族あっての事だと改めて感じています。

 家族からの優しさは元気になる原動力です。

 これは自分の家族だけでは無く、人との関わりを通じての優しさもそうです。

 今回は自分が思った、家族や人からの優しさという事について触れて行きたいと思います。

 

優しさ

自分が思う優しさとは

 物事を通じて何かを褒められたり評価されたりするとそれがモチベーションとなって、自分のステータスを上げる1つの要素になります。

 こうして自分の行った事を改善しつつも評価を得てやりがいを感じながら、前進して自分自身を成長させて行きます。

 これが自分自身の人生であり、続ける価値のある優しさを受けている証拠です。

 自分も学生時代及び社会人時代は厳しい体育会系の環境下でありながらも信頼と評価を得る為に必死で取り組んで行きました。

 

 仕事では少しでもミスがあると取引先からのクレームがありますので、当然冷や汗ものです。

 しかし、厳しく上司の方から扱かれながらも努力して行き、そこから生まれる評価が自分にとっては1つのモチベーションアップに繋がりました。

 勿論学生時代も、同じです。

 部活動でも、とても厳しくて何度も辞めたいと思った時もありましたが、その中であった評価が自分を続けさせる原動力にしてくれました。

 社会人当時はまだ20歳位で、この様な根本的な事を深く考える事が余りありませんでしたが、今振り返るとこうした感情表現は指導を行うに当たって必須な事であり、見逃す訳にはいかない事では無いかと思います。

 

 何かを伸ばす為には本人の努力も必要ですが、その基盤を押す存在が必要ですので、人との繋がりとは主夫業をしている現在も意識しています。

優しさが助け合いに

 我が家では普段家族が忙しいので、自分が主夫業に専念して家族の職業に適した食事を作ったり、その他の雑務をこなしたりしていますが、今回の様なダウンをしてしまうと、そこで全体の流れが一旦は止まってしまいました。

 しかし、家族(特に母)が代わりにやってくれたお陰で休息を踏まえた上で家事を行う事が出来ました。

 そういった優しさを持って行う事が、共同生活で必須の助け合いとなって家庭を支えてくれます。

 

 自分は主夫業を専念する前は趣味で料理を作る程度でしたが、こうして専業主夫の立場になって改めて感じるのが協調性を持った助け合いです。

 こんなに助かるとは今まで考えていませんでした。

 そんな自分に反省しています。

 それまでは、誰も家事をする暇が余り無いので、殆どセルフサービスみたいな感じでしたね(笑)

 平日は大変でした。

今度は自分が優しさを贈る番

 夕食後の風邪薬でとても元気になりましたので、今度は自分が優しさを贈る番です。

 この立場になるって自分自身で決心して今がありますので、この気持ちを損ねずに朝からフル稼働で頑張ります。

 好きな料理も続けて大分経ちますが、今後も少しずつレパートリーを増やして家族を満足させたいと思っています。

 肉食系ですが(笑)

 頑張りますよ。

まとめ

 今回は完全復活前に書きました。

 予想以上に回復も早かった訳ですが、その間に家族にして貰えた事が自分がこれまで感じた事が余り無い貴重な事ばかりでした。

 

 以下がまとめとなります。

  • 自分が努力する事で得られる評価の中に優しさが込められている。
  • 協調性を持った行動には相手への情が必須。
  • 恩を仇で返さない様、自分自身を磨く事。

  今後も体調管理に気を付けて、自分が恩返しをして行くこの気持ちが優しさその物ですので、この気持ち忘れずにこれからも頑張って行きます。

 

 ご覧頂きありがとうございます。

 ツイッターフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。