きよさばのブログ

料理を中心とし、気になった事も投稿するブログです

スポンサードリンク

鶏胸肉を使ったチンジャオロース 低カロリー高たんぱくで体脂肪対策に

皆さんこんにちはきよさばです。

 最近思った事があるんです。

 それは、何だか太って来た事です。

 一応食事の量とかも気を付けていますし、暴飲暴食はしていないのですが。

 やはり、高カロリーな食事が多いのかなと思いました。

 という訳で少しでもカロリーを抑えられる料理は無いかと思い、図書館に向かい、体脂肪向けのレシピを見ましたら、発見。

 鶏胸肉を使ったチンジャオロース。

 「これだ!これにしよう」と今夜の夕食はこの料理に決定しました。

 では、早速始めましょう。

低カロリー、高たんぱくな鶏胸肉を使用

 鶏の胸肉は100gあたりカロリーが200カロリー、タンパク質が20gと低カロリー高タンパク質の部位なので、主に筋トレ等でも活かせる食材です。

 高校生の頃とかは部活動の関係で鶏胸肉よく食べましたね。

 これを使って余計な脂肪を付けない様にすれば改善出来るかもしれない、今回は期待を込めてこのお肉を使用します。

 

 では、今回の食材はこちら。

鶏チンジャオ準備

 

  • もやし(タケノコ代わり)→適量
  • ピーマン→4個
  • 鶏胸肉→200g(今回は全部使いました)
  • 醤油→大さじ1を各段階で1回ずつ
  • コショウ→適量
  • 砂糖→小さじ1
  • オイスターソース→大さじ1
  • 溶き卵→1つ分
  • 水溶き片栗粉→片栗粉大さじ1:水2

 タケノコ買おうかと思いましたが、家にもやしが残っていましたので代用でもやしを使う事にしました。

 因みに自分、結構野菜炒め等にはもやしを使う方です。

 では、下準備をしましょう

 

鶏チンジャオ下味

  ピーマンと胸肉を細切りにして、胸肉は皮を取ってからボールに入れたら溶き卵。

 醤油大さじ1を入れて馴染む様に混ぜます。

 そして、水溶き片栗粉約大さじ1入れて更に混ぜ合わせます。

 出来ましたら、次はソース作りです。

 

鶏チンジャオタレ

 ボールにオイスターソース大さじ1。

 醤油大さじ1とコショウ適量。

 砂糖小さじ1。

 水溶き片栗粉大さじ1を入れて混ぜます。

 混ぜましたら、いよいよ炒めます。

 炒める時はお肉から

 料理では当たり前ですが、先にお肉から炒めます。

 油の量は大体大さじ1~2位で結構です。

 この時の注意点、味付けした当たれごと入れるとべったりしてしまいますので、お肉だけを入れて下さい。

 昔自分は普通のチンジャオロースで、このミスを犯してしまいましたよ。

 あの時の家族の反応・・・、思い出したくありません(笑)

 その後にビーマン・もやしを入れて、ある程度炒められたらソースを入れます。

 それがこちら

鶏チンジャオ調理

 

 フライ返しをしているので、見た目はご了承下さい(汗)

 そして、炒め合わせたら完成です。

鶏チンジャオ完成

 鶏肉がさっぱりで、油っぽく無かった

 実際に食べましたら味はやや薄いものの、胸肉はさっぱり柔らかで美味しかったです。

 これ以上味付けを濃くすると醤油等からの影響で高血圧になってしまうので、これ位で良いかと思います。

 

 別件ですが、昨日のグラタンが残っていまして、表面を見たら多少赤かったんですね。

 最初はケチャップを家族が入れたと思いましたが、実はタバスコでした!

 余りの辛さに悲鳴を上げてしまいましたよ。

 家族よ、何をしてくれるのだ・・・。

まとめ

 今回は鶏胸肉のチンジャオロースを作りました。

 

 今回は4人分ですが、1人分ならカロリーも約200代のカロリーですので、お肉を使った中華料理としてはヘルシーな方です。

 運動している方にもこういった料理は良いと思います。 

 

 

 ご覧頂きありがとうございます。

 ツイッターフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。