きよさばのブログ

きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

AbemaTVのアニメでナルトを視聴 とんかつを夕食に決定

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は曇りのち晴れ。

凄く寒く感じました。

 

今日は特に用事もありませんでしたので、

趣味にもなっているAbemaTVのアニメを観て、まったりと過ごしていました。

こういう時に活かせる物事があるのは良い事ですね。

 

そして夕食はとんかつを作りましたので、こちらもご紹介します。

それでは始めましょう。

AbemaTVのアニメでナルトを視聴

ナルト1

今日も普段通り家事を行い、

一通り終えてから特に用事もありませんので、何をしようか模索。

その結果、既に趣味となっているAbemaTVを視聴する事に。

 

大体アニメを中心に観ています。

懐かしいアニメも視聴出来ますので、

余暇があれば、楽しんでいられる時間も増えますね。

今日はナルトが放送されていました。

ナルトは自分が小学生の頃に放送開始されたアニメですので、

大変懐かしいです。

 

コミックも集めていた事を覚えていまして、

確かサスケが大蛇丸の元へ行ってしまい、

ナルトが螺旋丸(らせんがん)を覚えて活躍している段階までだったと思います。

ただ、今回は中忍試験の内容でしたので、かなり初期です。

我愛羅も懐かしかったですよ。

 

自分は確か中学時代も少しばかり観ていましたが、それから音沙汰も無く・・・。

高校は遠くて、同時に部活動も兼ね合わせていましたので、

 

そこで視聴を断念。

 

気が付けば、ナルト疾風伝に(汗)

そうなると当然ですが、

 

もう訳が分かりません。

 

最後の方はナルトとサスケが共闘したらしいですが、

自分も既に成人を迎えている状況。

だからって見ないとは決め付けられませんが、

ドラゴンボールガンダム程のワクワクした気持ちは薄れてしまっていました。

 

ですので、今回のナルト観た事によって、

アニメを夢中で楽しんでいた頃の様な、

原点に帰った気持ちになれて良かったと思います。

とんかつを夕食に決定

今夜の夕食は、とんかつに決定しました。

とんかつも随分食べていませんでしたので、楽しみです。

 

材料は以下の通りです。

  • 豚ローステキカツ・・・4枚
  • 溶き卵・・・2個分
  • 小麦粉・パン粉・・・適量
  • 塩コショウ・・・適量


作り方は以下の通りです。

  1. 豚肉に塩コショウを塗して、下味を付ける。
  2. 小麦粉を付けたらダマが出来ない様しっかり払い、溶き卵、パン粉の順に付けて行く。
  3. 約180度の油で揚げ、片面がしっかり揚がっていたら裏返して揚げる。
  4. 揚げ終わったらまな板の上で一口大に切る。
  5. お皿に盛って出来上がり。


完成したのがこちら。

夕食一覧2020/01/15

サラダと味噌汁も追加しました。

それでは味はどうなっているのか。

実食してチェックしましょう。

とんかつを実食

それではとんかつを実食します。

 

まずは火加減を確認。

とんかつ中身2020/01/15

衣が剥がれ気味ですが、中身は悪くはありませんね。

 

では、とんかつソースを掛けて頂きます。

とんかつソース2020/01/15

とんかつで好んでいるのが、カゴメのとんかつソース。

こってり感がとんかつとの相性にも合っています。

カゴメ 醸熟ソース とんかつ 500ml

味に関しては下味がしっかり引き出ていますので、特に問題はありませんでした。

やはり、とんかつはご飯にとても合いますね。

ガツガツ行けちゃいます。

 

冬の寒さに適した味噌汁もありますし、食物繊維豊富なサラダもある。

今夜の夕食メニューは色々あって満足でした、ご馳走様。

とんかつを実食した結果

とんかつを実食した結果ですが。

久々のとんかつを調理した分、劣ってしまった所も前述の画像を見て分かる通り、

結構ありました。

 

小麦粉はしっかり払っていても、揚げる時間がやや短かったのか、

しっかり衣自体がくっ付いていなかったりして、

自分の場合に限りますが、

如何にブランクがあると悪い結果に反映されてしまうかを、痛感した夕食でした。

 

しかし、そういった事をコンプレックスに思わず、今後も作り続けて行き、

良い出来のとんかつに仕上げたいと思います。

まとめ

今回はAbemaTVで初期の頃のナルトを視聴出来た事。

そして、夕食のとんかつをご紹介しました。

 

初期のナルトを観ていた頃はまだ小学生。

ナルト自体は終了しましたが、まだ続いているアニメもあります。

そういったアニメが次の世代の子供達にも愛され続けられる事は、

大人になった今では、大変嬉しくも感じます。

特にサザエさんなんて親の時代から始まっていますからね。

あれは日本の伝統となっています。

 

そして、夕食のとんかつはブランクがあった分質が落ちましたが、

こういう反省点があるからこそ、また作りたくなります。

次回こそは上手く作れる事を目標に頑張って行きたいですね。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッタフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。