きよさばのブログ

きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

メタルギアソリッドのPS版を久し振りにプレイ 臨場感があって楽しい

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は晴れ。

冬にしては気温が少し暖かく感じました。

 

今日は久し振りにPS3ゲームアーカイブスから、

PS版メタルギアソリッドをプレイする事にしました。

メタルギアシリーズは好きなんですよね。

 

まだ序盤ですが、プレイしてみての感想をお伝えします。

それでは始めましょう。

久し振りにメタルギアソリッドのPS版をプレイ

メタルギアソリッドPS版

このゲームをゲームアーカイブスから購入したのは、今から約5年程前でした。

当時はまだメタルギアソリッド4が最新作でしたので、

ぼちぼち楽しみながらプレイしていましたね。

後、2と3もPS2で持っていましたので、中学時代からプレイ済みです。

 

しかし、唯一プレイしていなかったのが、PS版のメタルギアソリッドです。

一応、MSX版は省きますね。

 

このゲームを初めてプレイした時は、「これが全ての始まりか」って、

ワクワクして始めたのを覚えています。

ここから、スネークとリキッドの闘いが幕を開けましたからね。

 

それをここ最近、何のきっかけも無く思い出して来まして、

久し振りにプレイしたくなった結果、

今日からストーリーを始める事となりました。

 

しかも無限バンダナとステルス迷彩付きで(笑)

 

個人的には使用しませんよ。

PS版でこの臨場感は素晴らしい

寛ぐ1

久し振りにプレイしても、やはりこの臨場感は凄過ぎますね。

 

あらすじとしては、アメリアラスカ半島付近の孤島にある、

シャドーモセス島が舞台です。

そこでハイテク特殊部隊FOXHOUND蜂起し、アメリカ側に条件を言い渡し、

応じなければ核を発射するというテロ行為をしました。

そこに立ち向かったのが、伝説の傭兵ソリッド・スネーク。

与えられたミッションをこなして行くという内容のストーリーとなっています。

 

主人公ソリッド・スネークの声優が大塚明夫さんですので、自分好きなんですよ。

ガンダムシリーズでもアナベル・ガトーの役をやっています。

 

そして、敵に見つからない様に隠れて行く、潜入アクションがこのシリーズの見所。

臨場感ある雰囲気を感じられて、何度もやり込みたくなって来ます。

久し振りにプレイしたら見つかりまくり

考え中

 数年振りにプレイしますので、当然ブランクはあります。

そのせいなのか、

 

序盤から見つかりまくっています(汗)

 

あれー、何でだろう?

操作性は最新作のメタルギアソリッド5に比べれば劣りますが、

ここでステルスアクションの基礎が出来上がっていますので、

何とかプレイは出来る筈。

 

しかし、壁に張り付こうとする時ですが、

このゲームでは方向キーを、しっかり壁側に向けないと移動しますので、

 

そのまま敵さんの目の前でこんにちは状態

 

とにかく逃げまくりの出オチから始まりました。

おいおい、このゲームの本質を分かっているのかと。

音楽は素晴らしい

音楽1

このシリーズのテーマソングは、

これまで聴いて来た音楽の中でも結構好きです。

このテーマソングを何度も聴くと、

スネークとリキッドの闘いを思い浮かべられますね。

気持ちから躍動感を持たせてくれますので、正に名曲です。

まとめ

今回はメタルギアソリッドのPS版を、

久し振りにプレイした事についてご紹介しました。

 

このシリーズの作品はストーリーもアクションも音楽も、

全てが素晴らしいと思います。

このゲームの監督である小島秀夫さんは素晴らしい人物です。

現在はコナミを退社して、自社を持っており、新作ソフトも発売されましたが、

そのソフトも名作になって欲しいですね。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッタフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。