きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

悪魔城ドラキュラをプレイ フランケンのステージでストップ

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は晴れ。

朝の内は昨日の雨の影響で路面が湿っていました。

 

今日は、休日ですので、

息抜きにファミコンミニをプレイ。

最近はロックマンばかりでしたので、

今回はコナミのソフトである、悪魔城ドラキュラをプレイする事に決定しました。

今回はこのゲームをプレイした感想についてご紹介します。

 

それでは始めましょう。

悪魔城ドラキュラをプレイ

悪魔城ドラキュラ

今日はファミコンミニコナミディスクシステム第一作目となる、

悪魔城ドラキュラをプレイしました。

このゲームは以前からプレイしていましたが、

正直、頻度は少なめです。

 

しかし、今日は調子が良いのか、

悪魔城ドラキュラがっつりプレイを実施する事にしました。

まだまだ、やり込む価値は充分にありますからね。

最初はとっつき難く感じたが

最初このゲームをプレイした際は、

スーパーマリオの様にダッシュをしないで、ずっしりと歩く感じであり、

動きも重圧感はあるが、少し遅い感じがして、とっつき難く感じていました。

「何かやり難いな」

これが、第一印象でした。

 

しかし、それも徐々にやって行く事で慣れて行き、

今見ると、ファミコンとしてでは動きが滑らかに感じています。

音楽が素晴らしい

この頃のコナミのゲームはグラディウスを始めとした、

名作揃いの時代です。

勿論、その後もメタルギアソリッド等が出ています。

ただ、ファミコンとしては音楽のクオリティが素晴らしいです。

ドラキュラの場合は3面の包帯コンビがボスのステージのBGMが、

凄くかっこいい。

 

初めて聴いた時は躍動感に満ちて、

BGMを聴いているだけで満足でした。

いやー、こんな良いゲームが80年代にあったなんて、

リアルタイムでプレイしたかったと思っています。

現在は4面でストップ

現在のプレイ状況ですが、自分の場合は4面でストップしています。

理由はボスのノミ男とフランケンがキツい(汗)

骨竜も厄介ですけど、あれは慣れて来た感じです。

ですので、最近はファミコン芸人フジタさんの動画を参考にしています。

今日はこれを何度見た事か・・・。

他の攻略サイトも見てはいますが、

それでも、なかなか突破出来ない状況。

自分は元々RPGが主体でしたので、こういったアクションゲームは、

得意とは言えない方でした。

 

ノミ男に当たるだけでも4分の1位は減る威力(汗)

これは何とかしなくては。

 

しかし、このゲームの魅力に惹かれている今、

しっかり楽しみ尽くしたいのが本音です。

 

よく見る情報では次のボスである死神で詰み易いとありますので、

何とか今を頑張って行きたい所ですね。

まとめ

今回はファミコンミニ収録ソフトである、

悪魔城ドラキュラをプレイしている事についてご紹介しました。

ロックマンに比べるとまだまだやり込み足りていない状況ですので、

今後も楽しんでプレイをして、

クリアを目指したいですね。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッタフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。