きよさばのブログ

料理や気になった事を投稿するブログです

スポンサードリンク

ささみカツを夕食に決定 2週目のFF3をクリア!

皆さんこんにちはきよさばです。

本日の地元の天気は晴れのち曇り。

途中で雨も降って来ましたね。

台風の影響かもしれません。

 

今日は以前からコツコツ進めていたレトロゲーム

FF3を漸くクリアする事が出来ました。

これで2週目です。

 

そしてささみカツを夕食に決定しましたので、

こちらもご紹介します。

それでは、始めましょう。

2週目のFF3をクリア

ファミコンミニを購入する前から、

2DSからダウンロードをして、FF3はプレイしていました。

その回が1周目のクリアにもなっています。

 

その後はファミコンミニを購入しまして、

テレビで楽しくプレイ。

以前は序盤から中盤辺りはナイトや魔導士系を使って、クリアまで進みましたが、

今回は空手家と魔導士系に決定。

空手家は結構使い易かったですね。

素手で戦えるジョブですし、

その分費用を抑えられます。

 

ラストはやはり、忍者と賢者の組み合わせ。

この道中にリヴァイアサンとバハムートのイベントを済ませましたので、

2体の召喚獣もラストダンジョンに行く前から多用。

バハムートは強いですね。

 

ラストダンジョン経由で禁断の地エウレカに向かい、

手裏剣33個とバハムートをもう1つ購入して、いざ出発。

ラストダンジョンであるクリスタルタワーは体力勝負ですからね。

しっかり準備してからじゃないといけません。

 

そして、魔王ザンテ戦とラスボスまでの4体のボス戦をクリアし、

いよいよ、ラスボスである、暗闇の雲との戦いへ。

戦い方は単純で、

賢者にプロテスを掛けてダメージを1にしてから、忍者をサポートして、

手裏剣攻撃を駆使しながらやって行くパターン。

これで、充分ですね。

 

そして、感動のエンディング。

FF3エンディング12019/09/11

クリスタルが再び地上に復活。

 

そして、エンド画面。

FF3エンディング22019/09/11

 このグラフィックを見ると、とてもファミコンとは思えない。

やっぱりFFシリーズは凄いですね。

 

これで、無事に2週目も終了。

今回は、1周目では使わなかった召喚獣を、使った所が大きかったです。

お陰様で攻略も楽になりました。

また、3週目もプレイしたいと思っています。

ささみカツを夕食に決定

今夜の夕食は、

ささみカツに決定しました。

昨日、カロリー対策の本を買いましたが、

普段作っていたこのささみカツ自体も、

カロリー自体は1本あたり105kcal。

腹八分目に抑えておけば、

問題は無いでしょう。

 

材料は以下の通りです。

  • 鶏ささみ・・・約10本。
  • 溶き卵・・・2個分。
  • 小麦粉・パン粉・・・適量。 
  • 塩コショウ・・・少々。

 

作り方は以下の通りです。

  1. 鶏のささみに塩コショウを塗し、下味を付ける。
  2. 小麦粉を付けてからしっかり払い、卵に付けて、 最後にパン粉を付けて揚げる準備をする。
  3. 約180度の油を中火にして、パン粉まで付けたささみを油の中に入れて、揚げる。
  4. 焦げない様に裏返しながら、約5分間揚げて、油をしっかり切って皿に盛り、完成。

 

そして、完成したのがこちら。

ささみカツ2019/09/11

それでは、味はどうなっているのか。

実食してチェックしましょう。

ささみカツを実食

それではささみカツを実食します。

 

今回は肝心の中身の画像の写りが悪かったので、無しにしました。

ご了承下さい(汗)

 

味に関しては、今回はソース無しにしましたが、

塩コショウの味付けが若干多めにした事で、

味もしっかり付いて、食べ易く感じました。

今回の食べる量は、4本位に留まりましたが、

それでも満足です。

ご馳走様でした。

ささみカツを実食した結果

ささみカツを実食した結果ですが、

全体的に焦げ付かずに調理する事ができ、

味も上手く仕上げられましたので、安心しました。

カロリーも比較的低いので、

肉類の料理でも良い方ではないかと思います。

まとめ

今回は、FF3の2週目をクリアした事。

そして、夕食のささみカツをご紹介しました。

 

FF3はラストダンジョンが少し時間が掛かりますが、その分ストーリーも良く、

今後も楽しんで遊べるソフトだと思います。

 

そして、夕食のささみカツですが、

今回は味付けから、揚げ具合まで上手く出来て安心しました。

ただ、中身をお見せ出来なかった点が、反省点です。

しかし、今後も色々な料理を楽しく作って行こうと思います。

 

 

ご覧頂き有難うございます。

ツイッターフォロー・ブックマークを宜しくお願いします。